群馬県渋川市を旅するなら何処に行ったらいい?

渋川市の位置やアクセスなど

渋川市は群馬県の中央部に広がる自治体です。市の南部に位置するJR渋川駅は特急も停車する駅で、上野駅から特急草津に乗車すると1時間40分弱で到着します。さらに東京駅から新幹線と在来線を乗り継ぐと2時間内で到着する渋川市は、東京や埼玉からの身近な旅行先としておすすめです。

草津温泉と並ぶ人気がある伊香保温泉

群馬県内で草津温泉と人気を二分する伊香保温泉は、渋川市の西部に位置する温泉地です。エリア内にはたくさんの温泉旅館がひしめいており、中世から繁栄してきた温泉街には今でも風情ある街並みが広がっています。また、生前に伊香保を愛していた有名画家に関する美術館や明治時代の文豪に関連する文学館などが建てられていて、様々な楽しみ方ができる場所です。

伊香保温泉の近くにはテーマパークがある

伊香保温泉の東側には主に子供をターゲットにした人気テーマパークがあります。こちらには巨大な観覧車がありますが、遊園地の標高自体が500m近いため最高地点からは谷川岳をはじめとする周囲の山々や南側の関東平地などがよく見えます。そんなこの施設は、お子さん連れの渋川旅行をする際に立ち寄る場所としておすすめです。

東部にそびえたつ赤城山は埋蔵金の発掘地

渋川市は群馬県東部を代表する山として知られる赤城山の西側に位置する市です。この西側の斜面は1990年代初めにテレビの企画で江戸時代の埋蔵金の発掘が度々行われていた場所として知られます。当時、大規模な発掘作業が行われてきた場所が観光地として残されているという事はありませんが、発掘番組のファンだったかたはこの地域をトライブしてみるのも良いと思います。

アドドドヴェンチャーについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です