意外と知らない?奈良の穴場観光スポット3つ

鮮やかな朱色で存在感たっぷり

奈良で朱塗りの建造物というと春日大社が有名ですが、その春日大社から少し離れたところにある薬師寺も密かに人気があります。薬師寺の外観も美しい朱色で、落ち着いた雰囲気が漂っています。薬師寺に祀られている聖観音菩薩は、日本屈指の仏像で大変美しい姿をしています。その他にも多くの仏像の名作が祀られており、見ているだけで心が洗われるでしょう。

かつて平城京があった場所で歴史の重みを感じる

平城京跡は、名前の通り平城京があった場所です。物凄く広々としており、野外スポーツが出来るほどの広さがあります。2010年に遷都1300年を迎えました。平城京跡では毎年「平城京天平祭」というお祭りを開催しており、ものづくりを体験したり、天平衣装を試着したりなど様々なイベントを行っています。また、奈良県の公式マスコットキャラクターであるせんとくんにも会えるので、小さい子供にもおすすめです。楽しいイベントが盛りだくさんなので、奈良観光の際には必ず寄っておきましょう。

古代の宝物が集められた歴史ある寺

正倉院には、天平時代の美術工芸品が数多く収蔵されています。1997年に国宝に指定され、翌年の1998年にはユネスコの世界遺産に登録されました。正倉院の宝物は、普段は見学することが出来ません。しかし毎年秋になると奈良国立博物館で「正倉院展」が開催され、正倉院に収蔵されている宝物の一部が公開されます。それ以外の時期でも、正倉院の外構を見学することは可能なので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。平日しか見学を許されていませんが無料で見ることが出来るので、歴史好きの方には特におすすめです。

アドドドヴェンチャーについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です